「雇われない生き方」は何を変えるか。フリーエージェント社会の到来

明日からフリーランス!エージェント効果的活用法

明日からフリーランス!エージェント効果的活用法とは

About siteフリーランス専門エージェントのアドバイザーとして、多数のフリーランスの方たちと企業をマッチングするお手伝いをさせていただいております。すばらしいスキルを持ちながらも、そのスキルを活かす場を見つけらずにいるフリーランス皆様のお役に立てればうれしく思います。

カテゴリ一覧

フリーエージェント社会の到来

フリーエージェント社会の到来

フリーエージェントという言葉をご存知でしょうか?フリーエージェントとは、特定の企業に雇われず独立して事業を行う経営者のことを言い、フリーランスもこの中に含まれます。日本ではまだまだ馴染みの少ないこの言葉ですが、アメリカでは、10年以上も前からフリーエージェントとして働く人が増えています。

日本にはまだまだ少ないフリーエージェント

アメリカと比べると、日本のフリーエージェントの数はまだまだ少なく、労働者の8人に1人しかフリーエージェントとして働いてはいません。もちろん、人数が多ければいいという話ではありませんが、多くの人が会社勤めをし、会社に束縛されているような生活をしています。不況と言われているこの世の中ですが、日本の企業で働いていると、社員は会社に守ってもらう事が出来るので安泰だという文化がまだ根強く定着しているということでしょう。会社員とフリーエージェント、それぞれの働き方にそれぞれのメリットがあり、向き不向きもあるため、一概にどちらが良いとは言えません。日本にも、フリーエージェントという働き方が、もっと自然な選択肢として浸透する日が近づいているように感じます。

常に新しい風を

IT関連の会社は、日々進歩していくインターネットの世界に負けないように、常に新しい発想を持たなければなりません。いつも同じ顔触れで会議をしていても、なかなか新しい発想にたどりつく事が出来ません。例えば、大企業には社員の数も多く、アイデアもたくさん出てくるのではないかと思いがちです。しかし、たとえ小規模でも、常に新しい人が入れ替わる事で柔軟なアイデアが出て来るとしたら、どちらがより効率的でしょうか。常に新しい事にチャレンジしなくては、淘汰されてしまいます。フリーランスで働くということは、常に新しい情報を集め、自ら発信し、企業に新鮮な風を吹き込む役目も担うと言っても過言ではありません。

フリーランスは一匹狼なのか

会社を辞め、フリーランスとして働こうと決めた時、全ての作業を一人でこなさなければなりません。しかしフリーランサーにも仲間はいます。フリーランスにとっての仲間とは、助けてくれる多くの仕事仲間や、クライアント、友人、家族等、自分に関わる人すべてです。会社に依存するのではなく、自分自身は自立した上で、周囲の人を大切し、仲間との絆をあたためることで、強い気持ちをもって仕事にのぞむことができます。信用を重ねる事で、思いがけないところから仕事に繋がることもありえます。フリーランスとは、信用の上に成り立つ仕事なのです。

今読まれている人気の記事

Copyright © 2014 明日からフリーランス!エージェント効果的活用法 All Rights Reserved.