生活を継続させるためにフリーランスとしての将来を考える

明日からフリーランス!エージェント効果的活用法

明日からフリーランス!エージェント効果的活用法とは

About siteフリーランス専門エージェントのアドバイザーとして、多数のフリーランスの方たちと企業をマッチングするお手伝いをさせていただいております。すばらしいスキルを持ちながらも、そのスキルを活かす場を見つけらずにいるフリーランス皆様のお役に立てればうれしく思います。

カテゴリ一覧

フリーランスとしての将来を考える

フリーランスになることは簡単ですが、フリーランスでい続けることは簡単ではありません。フリーランスとしての生活を継続させることを前提に、フリーランスとしての将来についても考えておきましょう。自分らしく生きるという、自分目線を主軸にした将来を考えると同時に、フリーランスを取り巻く環境とその将来性についても知り、これから先の人生をイメージしてみましょう。フリーランスというワークスタイルにおいては日本のはるか先を行く、フリーランス先進国アメリカの現状を知ることも、将来を思い描く上で参考になると思います。

将来もフリーランスとして自分らしく生きるために必要なこと

フリーランスになったばかりの頃はとにかく生活を軌道に乗せることで精いっぱいで、がむしゃらに仕事にのめりこんでしまう人が多いでしょう。しかし、フリーランスという働き方で自分らしいライフスタイルを長く継続させるためには、いつまでも猪突猛進では息切れしてしまいます。フリーランスとしての実績が無いうちは、実績づくりもかねて多少単価の低い仕事や本意ではない仕事もせざるを得ないことが多いでしょう。仕事をとりたい一心でクライアントの言いなりになってしまうこともあると思います。最初のうちはそれでも良いかもしれませんが、ある程度、実績も積んで自信もついたら、経営者としての視点を持つことも大切です。

詳しくはこちら

日本の将来?アメリカのフリーランスの割合

現時点ではフリーランス後進国ともいえる日本ですが、景気の後退により企業の求心力が低下したことや、時代に伴う価値観の変化、IT化社会によるワークスタイルの多様化などにより、フリーランスの数は増えるだろうと言われています。そんな日本の将来を、フリーランス先進国である現在のアメリカに重ねてみましょう。もともとドラスティックな実力主義であるアメリカ企業は、長く在籍するだけで給料があがっていく日本企業とは雇用文化が異なります。退職金制度もないため、ひとつの会社に長く居続けるメリットがあまりないことも、アメリカがフリーランス大国であるゆえんです。

詳しくはこちら

フリーエージェント社会の到来

昔は多くの町民が農業や個人商店で生計を立てていた日本でしたが、戦後の高度経済成長を背景に、企業に勤める会社員のステータスが一気に上昇しました。終身雇用と生活の安定を約束され、会社に対する忠誠心と愛社精神を持って、一致団結して働いていた時代です。しかし、バブル崩壊と伴に労働者と企業の関係も変化してきました。景気が後退する中、ITという文化が一気に浸透し、パソコンとインターネットさえあればどこにいても仕事ができる世の中になりました。そんな時代の流れにおいて、フリーエージェントというワークスタイルを選ぶ人が増えてきたことは、ごく自然な流れと言えるでしょう。

詳しくはこちら

今読まれている人気の記事

Copyright © 2014 明日からフリーランス!エージェント効果的活用法 All Rights Reserved.